Tamas Wells - A Plea en Vendredi (15th anniversary LP edition)

Lirico

  • ¥4,290
税込み。 配送料はチェックアウト時に計算されます。

残り43枚!


レーベル : Lirico
品番:LIIP-1549
フォーマット:国内盤LP
発売日:2021
年11月19日予定

すべての痛みを除去する、やさしくかなしくやわらかな「天使の歌声」
不朽の名作と名高いタマス・ウェルズの2ndアルバムが初のLP化!

すべての痛みを除去するようなけがれなき美しい歌声を持つオーストラリア人シンガー・ソングライター、タマス・ウェルズ。2006年にリリースされ、あまりの美しさが評判に評判を重ね、異例のロングセラーとなった2ndアルバム『A Plea en Vendredi』がリリースから15年を経て、待望のLP化。

当時、医師である妻とともにHIV/エイズ教育に関わる地域保健活動を行うNGOで働くために短期的に移住したミャンマーで大半の曲が書かれ、その後メルボルンでレコーディングが行われました。その時レコーディングされたマテリアルは数時間分にも渡りましたが、そこから厳選され余分なものが削り落とされた結果、11曲の美しい楽曲が残りました。

天賦の歌声を引き立てるような、アコースティック・ギターとピアノを中心とした、シンプルでフォーキーなアコースティック・サウンド。彼自身による多重録音コーラスに酔いしれるとともに、極上のメロディーに心洗われるかのよう。この世のものではないような極上の美しさと、その裏側に底抜けの悲しみを湛えた名曲「Valder Fields」は、静かで繊細な美しいものを追い求める人たちに長年愛されてきました。特に中国では「Valder Fields」がテンセントの人気ヴォーカルオーディション番組「明日之子」で課題曲として使用されるほど、リリースから15年経ってもなお圧倒的に支持されています。

なお、2006年、ちょうど本作がリリースされた春頃に彼は再びミャンマーに移住し、それから2012年の春まで6年間をミャンマーで過ごし、そこで数々の名曲が生まれました。メルボルンに戻ってから現在に至るまで、ミャンマーの政治について研究を行なっており、第二の故郷とも言えるミャンマーに身を捧げています。

※500枚限定プレス(日本国内200枚限定)

 

 


オススメ商品