Emeralds - Just To Feel Anything

Emeralds - Just To Feel Anything

  • ¥2,000
配送料はチェックアウト時に計算されます。

残り5個!

レーベル : Yacca
品番:YAIP-6025
フォーマット:国内盤CD
発売日:2012年11月24日

米オハイオ・クリーブランドの3人組バンド、エメラルズが約2年ぶりに待望の新作をリリース!クラウトロック、ニューエイジ、テクノ・ポップ、アンビエント等を類い稀なるセンスで融合し、煌めくシンセとエモーショナルなギター、そしてバンド史上初の導入となるドラムマシーンが繰り広げる壮大でスリリングなコズミック・ジャーニー。エメラルズの新たなサウンドがついに解き放たれる!!

「70年代クラウトロックの現代的解釈」と称され、エメラルズをUSアンダーグランドシーンから一気に飛躍させた2010年の名盤『Does It Look Like I’m Here?』(Editions
Mego)から約2年。ようやくエメラルズが新作を完成させた。非常にハイペースなこれまでのリリースと比較すると、これは驚くほど長い空白の2年間だったと言えるだろう。この2年間、メンバーの3人はそれぞれのソロ活動やサイドプロジェクトを行っていた。ギタリストのマーク・マグワイヤは彼の最高傑作と名高いアルバム『Get Lost』(Editions Mego)をはじめ、数多くのコラボや世界各国でのツアーを行い、スティーブ・
ハウシルトはその煌めくシンセサイザーによるコズミック・アンビエントアルバム『Tragedy & Geometry』(Kranky)をリリース、そしてジョン・エリオットはソロ名義Outer SpaceやSam GoldbergとのユニットMistのリリースに加え、2011年3月にスタートさせたレーベルSpectrum SpoolsからContainer、Motion Sickness of Time Travel、Gary War等、電子音響~アヴァン・ポップに至まですでに20作品以上のリリースを行っている。

 

一方、エメラルズとしてはバンドの新たなサウンドの方向性を長い時間を費やし模索した。本作『Just To Feel Anything』は、前作からの流れを汲むアシュラやタンジェリン・ドリームを彷彿させる煌めくシンセサイザーを基調としたクラウトロックの影響や、初期エメラルズでも見られたドローン~アンビエントの間を行き来しつつ、マグワイヤの唸るエレキやメランコリックなアコギのギターサウンドもこれまでになくフィーチャー。さらに、ドラムマシーンを大々的に導入した疾走感溢れる80年代テクノ・ポップ~90年代チップチューンを彷彿させるサウンドとの融合も試みている。様々なジャンルをパワフルに飲み込んできたこれまでのエメラルズ・サウンドを見事にまとめあげ、更に磨きをかけて、みんなの予想も期待も遥かに上回るスリリングで壮大なアルバムが誕生した。同じところには止まらないというバンドの美学に基づいたエメラルズの新たな章が今幕を開ける!

※国内盤のみライナノーツ付き
解説:橋元優歩(ele-king)

Tracks:
01 Before Your Eyes
02 Adrenochrome
03 Through & Through
04 Everything Is Inverted
05 The Loser Keeps America Clean
06 Just to Feel Anything
07 Search For Me in the Wasteland