La Sera - Hour of the Dawn

La Sera - Hour of the Dawn

  • ¥1,900
配送料はチェックアウト時に計算されます。

残り5個!

レーベル : Yacca
品番:YAIP-6028
フォーマット:国内盤CD
発売日:2014年5月3日

元ヴィヴィアン・ガールズのベーシスト、ケイティ・グッドマンのソロ・ユニット<ラ・セラ>が待望の3rdアルバムを完成!スウィートな歌声とみずみずしいメロディーはそのままに、アグレッシブなパンクと80年代パワーポップを衝突させた、ラ・セラ至上最もワイルドでロックなサウンドへとパワーアップ!!USインディー・ポップのクイーンへと着実にステップアップするラ・セラの新しいチャプターの幕開けです。

先日惜しくも解散してしまった3ピース・ガールズバンド、ヴィヴィアン・ガールズのベーシストとしても知られるLA在住のケイティー・グッドマンのソロユニット、ラ・セラ。恋人との別れの心の痛みを綴った過去2枚のアルバムでは、60年代ポップスの影響を昇華させたフォーキーな1stアルバム『La Sera』(2011年)、Darker My Loveのロブ・バーバートとの共同プロデュースでドリーミーなサーフ・ポップの2ndアルバム『Sees the Light』(2012年)とサウンド面でも着実に進化を遂げてきた。
 
そして3rdアルバムとなる本作は、ケイティーの魅惑的なボーカルと機敏なベースラインをバックアップするギタリストのトッド・ワイゼンベイカーを中心とした新たなバンドと共に制作され、2013年の夏、イースト・ロサンゼルスのスタジオでエンジニアJoel Jeromeによってレコーディングが行われた。『新しいラ・セラのアルバムはレスリー・ゴアがブラック・フラッグのフロントで歌っているようなサウンドにしたかったの。部屋で1人でと悲しみにくれてるようなレコードをまた作りたくなかったし、バンドと一緒に曲を書いて演奏するのを楽しみたかった。』とケイティーは語る。
 
ケイティーが大きな影響を受けている60年代ポップスの要素はもちろんのこと、アグレッシブなパンクや80年代パワーポップが衝突したような疾走感溢れるサウンドは、前作の清涼感も残しつつもよりワイルドにパワーアップ!また生き生きとキャッチーなメロディーラインのボーカルも、透明感溢れるスウィートなトーンに、シャープでクールな印象が加わり、ボーカリストとしても大きな成長が伺える。
 
ワイゼンベイカーは語る。『僕たちは流行り廃りのないアメリカのレコードを作りたかった。このアルバムはThe Pretenders、Minor Threat、X(80年代アメリカのバンド)、The Smiths、The Carsなど、たくさんのバンドにインスパイアされている。こういった色々な影響とハードコアのエネルギーを音楽的なハーモニーと融合させて、例えばオープニング曲の『Losing to the Dark』のようなサウンドが生まれた。一方、タイトルトラックの『Hour of the Dawn』では、日が昇る時の長い地平線のような安定したグルーヴを出しているんだ。』
 
本作『Hour of the Dawn(夜明けの時)』はそのタイトルが提案するように、ラ・セラの輝きと活気に満ちた新しいチャプターのはじまりを暗示し、USインディーロックシーンのクイーンへと着実にステップアップしているケイティー・グッドマンの最高傑作と言えるアルバムだ。

 

Track list :
01. Losing to the Dark
02. Summer of Love
03. Running Wild
04. Fall in Place
05. All My Love is For You
06. Hour of the Dawn
07. Kiss This Town Away
08. Control
09. 10 Headed Goat Wizard
10. Storm’s End
11. Give Me a Little Time (*日本盤のみのボーナストラック)