La Sera - Music For Listening to Music To

La Sera - Music For Listening to Music To

  • ¥1,900
配送料はチェックアウト時に計算されます。

残り5個!

レーベル : Yacca
品番:YAIP-6038
フォーマット:国内盤CD
発売日:2016年3月17日

元ヴィヴィアン・ガールズのベーシスト、ケイティ・グッドマンのプロジェクト<ラ・セラ>に、ギタリストで夫のトッド・ワイゼンベイカーが加入してデュオとして4thアルバムをリリース!テイラー・スウィフトのカヴァーで話題の米SSWライアン・アダムスをプロデューサーに迎え、ザ・スミスからの影響とオルタナ・カントリーのテイストを昇華させた80年代のヴァイブ溢れるジャングリー・ポップ!新星La Seraの新たなスタートです!!

 

元ヴィヴィアン・ガールズのベーシストとして知られるアメリカ人女性アーティスト、ケイティ・グッドマンが2010年からスタートしたソロプロジェクトLa Sera(ラ・セラ)。4枚目となる本作は、2014年の前作『Hour of the Dawn』の共同プロデューサー兼ギタリスト、そして2015年秋にケイティーと結婚したトッド・ワゼンベイカーが正式メンバーとして加わり、デュオとして共同作曲を行ったアルバム。
 
プロデューサーには、現代米シンガーソングライターの最高峰の1人、ライアン・アダムスを迎えている。2015年の4月、HalseyやMadi SiazのライブのドラマーNate Lotzと共に、ライアンのPAX-AMスタジオですべてアナログ機材を用いながら8日間というスピードでレコーディングは行なわれた。曲のほとんどはワンテイクで録音されている。レコーディングにはケイティの大親友グレタ・モーガン(The Hush Sound, Gold Motel)もシンセでゲスト参加。(La Seraのレコーディングが終了した後、意気投合したライアンとトッドはドラマーのNateと共にテイラー・スウィフトのフルアルバム・カヴァー『1989』のレコーディングを行い、今後も2人はコラボレーションを続けるそうだ。)
 
La Seraとライアン・アダムスの共通のフェイヴァリット・バンド、ザ・スミスから大きな影響を受けたという本作は、これまでのガレージ・サウンドから一転し、クリアーでジャングリーなギターサウンドやキラキラとしたアルペジオギター、オルタナ・カントリーのテイストなど、80年代のヴァイブに溢れたとてもシンプルなインディー・ポップサウンドが展開されている。また、La Seraのトレードマークであった多重コーラスは本作では用いず、ケイティの持つミステリアスさをボーカルから引き出し、恋の歌や別れの歌を少し大人びた魅力で歌う彼女のシンガーとして魅力が一段とパワーアップ。さらに、トッドもケイティとのデュエットやソロで2曲ボーカルを披露。アルバムの度に新しい方向性へ大きな飛躍を遂げるLa Sera。しかしながらケイティが大切にしてきたオールディーズへの愛情はこのアルバムでもしっかりと感じることができだろう。
 
“This record is classic. I’m so proud of it” –  Ryan Adams
(このレコードは名盤だ。とても誇りに思うよ。ライアン・アダムス)

 

【Tracklist】
 
1.High Notes
2.A Thousand Ways
3.One True Love
4.Begins to Rain
5.Take My Heart
6.I Need an Angel
7.Time To Go
8.Shadow of Your Love
9.Nineties
10.Too Little Too Late