Mark McGuire - Along the Way

Mark McGuire - Along the Way

  • ¥2,190
配送料はチェックアウト時に計算されます。

残り5個!

レーベル : Yacca
品番:YAIP-6027
フォーマット:国内盤CD
発売日:2013年6月13日

次世代エレクトロニック・ミュージック・シーンをリードする若きアメリカ人ギターヒーロー、Mark McGuire(マーク・マグワイヤ)のニューアルバムが日本先行リリース決定!精神的な成長をベースにした壮大な「旅」の物語をテーマに繰り広げる傑作スピリチュアル・ドリーム・ポップ!!

USアンダーグランドのアナログ・シンセ・リヴァイヴァルの代表各バンド・エメラルズのギタリストとしての活動と平行し、カセットテープ等も含む数多くのソロ作品を発表してきたアメリカ人ミュージシャン、マーク・マグワイヤ。2012年末にエメラルズを脱退し(その直後、スティーブ・ハウシルトもバンドを脱退し、エメラルズは解散。)、現在はソロとして活動を続けている彼が、各方面から高い評価を受け、ソロとしての人気を確立した前作「Get Lost」(2011年 / Editions Mego)から2年ぶりとなる新作「Along The Way」を完成させた。

本アルバムの制作は、エメラルズのラストアルバムとなった「Just Feel Anything」制作後の、2012年8月から2013年2月の間に行われた。このアルバムは、複数のコンポジションから成る4つパートによって構成され、個人の精神的・心理的な成長をベースにした壮大な「旅」の物語として展開されていく。この旅の物語にはマーク本人の成長の過程で起こった様々な経験からの心理描写が反映されている。

本アルバムでは、これまでのソロ作品で主に用いられてきたギターとエレクトロニクスに加え、ピアノ、シンセ、ドラムマシーン、パーカッション、サントゥール、マンドリン等の数多くの楽器が導入されており、さらにマーク本人の歌声やトーキングボックスを使用したボーカルもより前面に押し出された内容となっている。アシュラ~マニュアル・ゲッチング等のクラウトロックとミニマリズムを融合させたギター・アンビエントと前途の様々な楽器やボーカルによる多彩なサウンドアプローチには、これまで以上にソング・オリエンテッドな要素が含まれており、アンビエントやテン年代クラウトロックと称されたサウンドから大きなスケールアップを遂げている。煌めくギターワーク、情熱的なリードギター、センチメンタルにやさしく響くボーカルや生楽器、ニューエイジ感溢れるドリーミーでコズミックなエレクトロニクスのアレンジメントが渾然一体となった、非常にエモーショナルで豊かな音楽性を包含するエレクトロニック・ポップ・サウンドは、マグワイヤの新たなチャプターの始まりを象徴する重要な1枚となるだろう。

 

Tracks
[PartⅠ. "To All Present in The Hall of Learning"]
01. Awakening
02. Wonderland of Living Things
03. In Search of the Miraculous
04. To The Macrobes (where do I go)
05. Astray
[Part Ⅱ. "The Age of Revealing"]
06. Silent Weapons (the architects of manipulation)
07. The Instinct
[Part Ⅲ. "After the Heavy Rains"]
08. The Human Condition (song for my Father)
09. For the Friendships (along the way)
10. Arrival Begins the Next Departure
[Part Ⅳ. "To the Palace of The Self"]
11. The War on Consciousness
12. The Lonelier Way
13. Turiya (the same way)