Reginald Omas Mamode IV - Where We Going?

Reginald Omas Mamode IV - Where We Going?

  • ¥2,300
配送料はチェックアウト時に計算されます。

残り10個!

レーベル : Inpartmaint
品番:IPM-8101 / FEP027LP
フォーマット:国内盤CD / 輸入LP

このサウスロンドンのクールな平和主義者は、Prince と J Dilla と Cornelius がそう遠くない場所に位置していたことを証明してしまった。その三者に勝るとも劣らぬカリスマと情熱と探究心を胸に、やがて彼の野心は自身のルーツへと向かう。2019年初来日ツアーに先駆け、日本限定CDが世界に先駆け日本先行発売。

埃っぽくブロークンで荒々しいのに、結果として洗練された多角的なサウンドが、近年のサウスロンドンから溢れ出している。
肌の色や年齢、どこから来たのかなど、そんなこと誰も気にしちゃいない街の態度と同様に、ハウスでもヒップホップでもジャズでもファンクでも、鳴るものは鳴るままに鳴らしている。
そんな地元のシーンを代表する22aクルーの一員であるレジナルド・オマス・マモード四世は、その圧倒的なオリジナリティでジャイルス・ピーターソンを虜にした鮮烈なデビュー作と、プリンスやディアンジェロが踏み入れた領域に接近してみせた野心的なセカンド、そして意外な様で必然だった、コーネリアスからのラヴコールを受け、国内外で大きな話題を呼んだ彼の作品のリワークを経てもなお、ここに来て新たな景色を望んでいる。
自身のルーツを求め向かった、インド洋南西部のマダガスカル東方沖に浮かぶマスカリン諸島への旅。その旅の中で記録された音の断片たち。古代モーリシャスの人々の育んだ豊かな遺産、音楽と文化。文書化されていない植民地主義への抵抗。サトウキビ農園のクレオール、奴隷の子孫の記憶。あらゆる思索と感情の起伏はすべて、黄金期のヒップホップ、ジャズ、ソウル、アフロ、ファンク、セガ、マロヤ、そしてアフリカ、カリブ、サウスロンドン、アメリカの音楽の影響を見事に昇華させた、キャリア3作目となるこの作品に反映されている。それは普遍的な愛と思いやりの感情を呼び起こそうとする試み。様々なドラムとドラムマシン、パーカッション、ローズ、そしてローランドとコルグのシンセサイザーを使って描かれた、親密なドキュメント。どこから来て、どこへ向かうのか。レジナルド自身による優しくも力強い手描きのアートワークを見つめながら、音のひとつひとつを感じ取る。瞬間と永遠が交錯していく。
私たちはどこからかやって来て、どこかへと向かっている。

 

Track listing: 
1.Intro
2.So
3.Get With It
4.In Search Of Balance
5.Sister Rosé
6.Truly’I
7.Rock Along
8.Part Three (Omas Sextet)
9.Kand zot pou Apprende?
10.Interlude
11.Mother Liza
12.Where We Going?
13.To Be Free (Intro)
14.To Be Free
15.No Reason
16.Mr. Detective Constable (日本盤ボーナストラック)