Santiago Beis - Univer-Som

Santiago Beis - Univer-Som

  • ¥2,300
配送料はチェックアウト時に計算されます。

残り5個!

レーベル : Rip Curl Recordings
品番:RCIP-0253
フォーマット:国内盤CD
発売日:2017年2月1日

あらゆる時間と記憶が交錯し混ざり合うような、非現実的かつ不思議にノスタルジックな音世界が素晴らしい!ジスモンチ〜パスコアールを想起させ、ジャズ/クラシックの豊かな素養を持ち、汎南米的な音楽世界を追求するメマーリやアギーレ等とも共鳴する世界観。さらに内省的な深みとパーソナルな響きが心を揺さぶる、美しくもスリリングな驚愕のアルバムです。

1990年ウルグアイ生まれ、現在はブラジルのクリチーバで活動する若きピアニスト/作編曲家サンティアゴ・ベイスが、2009年から7年間に渡って南米諸国を旅し、現地の音楽家と録音し続けた15曲を収めたアルバム。ピアノ、アコーディオン、シンセ、ギター、フルート、ビブラフォンなどを自ら演奏し、録音からミックスまで手掛け、南米各地のシンガーや伝統楽器の演奏者を起用して吹き込まれた作品の数々は、例えば70年代のジスモンチの諸作を思わせる、場所と時間の感覚が麻痺するような、非現実的かつ普遍的な美しさを帯びています。

それぞれの曲のテーマにあるのは、旅の途中で出会い別れてきた人々への愛情、遠く離れた場所へのサウダーヂ、さまざまな旅の記憶…。このスリリングな傑作は、彼の「内的な世界の音」でもあります。ジャズやクラシックと南米各地のフォルクローレの要素を交配させ、新しい文脈の音楽として提示した傑作が日本限定でCD化!