Tamas Wells - Two Years In April

Tamas Wells - Two Years In April

  • ¥2,190
配送料はチェックアウト時に計算されます。

残り10個!

レーベル : Lirico
品番:LIIP-1504
フォーマット:国内盤CD
発売日:2008
年5月16日

「天使の歌声」、ふたたび。
ジャパン・ツアーの熱狂と、その直後に起こったミャンマー反政府デモ弾圧事件の狂騒を経て、生まれた新しい物語。それは儚くも悲しい。だからこそとてつもなく美しい。

2006年秋にリリースされた傑作2nd『A Plea en Vendredi』が現在までロングセラーをつづけるオーストラリア人シンガー・ソングライター、タマス・ウェルズ。人々の心を洗うようなその唯一無二の美しい歌声は、「天使の歌声」と絶賛され、当時ミャンマーのNGOにおいてヘルスワーカーとして、蔓延するHIV被害と対しながら、音楽活動を行うという特殊なバックグラウンドの話題性もあり、口コミで大きな話題を集めた。2007年8月には初めてのジャパン・ツアーを成功させ、多くのファンのあたたかみに触れることができた彼は、その翌月にはミャンマーでの反政府デモに対する武力弾圧(日本人ジャーナリストが死亡した事件)という悲劇的事件を経験。待望の3rdとなる本作のほとんどはそんな最中に作られた。

オーストラリアのメルボルンでバンドとともにレコーディングされた前作と違い、本作は主にヤンゴンの自宅でレコーディングされたため、前作では随所で強い印象を残した叙情的なピアノは一切使われておらず、アコースティック・ギターと新たに購入したミャンマー・バンジョーを中心に形作られている。そのためサウンドは幾分明るく、アップテンポの曲が目立つが、彼が作るやさしいメロディーとそのデトックス・ボイスは不変(普遍)。一方で、韻と響きを重視する印象的な詞作はさらに磨きがかかり、「デニスという少女についての物語」というコンセプトで、まるでボリス・ヴィアンの小説のような幻想的で複雑な世界観を展開しており、誰もがその深みにどんどん引き込まれてしまいそうになるだろう。

※国内盤のみライナーノーツ付き
 

Tracks:
01. Fine, Don’t Follow a Tiny Boat for a Day
02. I Want You to Know It’s Now or Never
03. Three Courses and an Open Canoe
04. For the Aperture
05. The Northern Lights
06. 14 Acacia Court, Sanctuary Green 3093
07. Writers from Nepean News
08. The Day that She Drowned, Her Body Was Found
09. Signs I Can’t Read
10. Grace and Seraphim